BLOGブログ

住宅を購入するときの資金計画

住宅を購入する際の資金計画は、どこから考えたらいいかわかりにくいもの。

自己資金や贈与といった資金確保から、控除などの税金についても解説している住宅ローンの手引きなど、気になるものから確認してみてくださいね!

プロが教える資金計画

多くのお客様をサポートしてきた私たちがお伝えできる、住宅購入における資金計画の考え方を解説しております。スムーズに納得して住宅購入を進められるように要チェック!
→「不動産のプロが教える失敗しない資金計画!

自己資金

現金で住宅を購入される方はいわば全額自己資金で支払うわけですが、住宅ローン利用を考えている方にとっては、どのくらい必要なのかがわかりにくいところ。将来的に住宅購入を検討している方も、預金などの目安を把握するために下記の記事をご活用ください。

《こんな疑問を解消!》
・自己資金っていくら必要なの?
・そもそも自己資金って預金から出せる額のこと?
・「頭金」と「自己資金」って何が違うの?
→「結局自己資金っていくら必要?その疑問にお答えします!!

贈与資金

住宅購入の際に親族から購入資金を援助してもらうケースは珍しいことではありません。不動産流通経営協会発表の「2020年度不動産流通業に関する消費者動向調査」によると、購入者全体の14.1%、30~34歳の購入者においては22.9%の方が贈与を受けたという発表が出されています。

一般的に贈与あると贈与税も発生しますが、非課税となる枠や、住宅購入のために使われるときには特例があるなど、知っておくべきポイントがあります。購入資金を援助してもらえそうな場合は、贈与額や方法について事前に確認しておきましょう。

《こんな疑問を解消!》
・いくらまでだと非課税になる?
・住宅購入の際の特例って?
・適用される住宅の条件って?
→「住宅購入時に親から資金援助を受けると贈与税はかかる?

まとめ

資金計画は、お客様の状況や希望物件によって大きく変わります。無理なく住宅購入ができるように、事前の情報収集と不動産会社との相談を大切にしてみてくださいね。

イーコンセプトでは、資金計画を基本とした物件紹介も行っております。「住宅購入を検討しているけれど、どのくらいの物件で考えれば良いかわからない…。」という疑問は、事前相談で解決しましょう!

※関連記事
→「住宅ローンに関する疑問を解消!手続きや準備物を徹底解説