BLOGブログ

家をリフォームなしで早く売却するための3つのコツ

誰でもできる!家をリフォームなしで早く売却するための3つのコツ

家の売却を考えたとき、「古くてボロボロの建物だからリフォームしないと売れないかも…。でもそんな予算も時間もない!」と悩んではいませんか?不動産サイトを見るとリフォーム済みの中古物件が多く掲載されており、さらにその思いを強めてしまいますよね。

しかし、より早く・確実に家を売りたいなら、売却前にリフォームしない方がいいのです。

なぜならリフォーム費用を上乗せして家を売り出すより、現況のまま売り出したほうが早く売れる可能性が高いからです。

ここでは中古物件市場の動きからリフォームせずに売ることをおすすめする理由と、リフォームなしで早く売却するための3つのコツもあわせてお伝えいたします。市場の動きを把握し、3つの方法を実践することで余分なコストや時間をかけずにスムーズに家を売却できるので、ぜひ参考にしてみてください。

築年数が古くてもリフォームせずに売却しよう

不動産サイトで目にするリフォーム済み物件のほとんどは、個人の売主がリフォームしたものではなく、不動産会社が物件を買い取ってリフォームしてから再販している物件(以下、買取再販物件)です。

この中古物件市場の状況を考えると、個人が家を売る際にはリフォームなしで売ることをおすすめします。その理由は以下2つです。

理由1.価格競争に負ける可能性が高いから

リフォーム済み物件の購入を検討する方は、
・お手頃価格で綺麗な物件を購入したいから
・自分で工事をしなくてよいため手間がかからず楽だから
・買ったらすぐに住めるから
……つまり、手間や時間に対するコストパフォーマンスの良さに魅力を感じています。

企業は事業として年間何棟もリフォーム工事を行うことにより工事費が抑えられるため、たとえば個人と企業が同じ工事を行って工事費を上乗せしたとすると、企業の買取再販物件のほうが安く売り出すことができます。

また、企業はなかなか売れない物件に対しては、ある程度損をしてでも売り切れるように大幅な値下げに踏み切ることもあります。一つの物件では損となっても、事業全体として赤字にならなければ問題ないからです。そうなると個人の売主はますます価格競争で負けてしまいます。

以上のことから、コストパフォーマンスの良い物件がほしいと考える購入検討者にとっては買取再販物件の方がより魅力的に見えるため、結果的に個人のリフォーム済み物件は売れ残る可能性が高くなります。

理由2.デザイン・安全性などの工事の内容でアピールしにくいから

企業の買取再販物件では、お風呂やキッチンなどの設備の入れ替えや、壁・天井のクロス全面貼替えなどの広範囲にわたるリフォーム工事が施されていることが多く、いわば万人に受けるデザインとなります。

一方で個人の売主が行うリフォームは、できるだけ費用がかからないように最低限のリフォームを行うことが多く、ともすれば中途半端な印象になりがちです。

そうすると、綺麗でコストパフォーマンスの良い物件を求めている人のニーズから外れたり、購入後に自分好みのリフォームを行う前提で物件探しをしている人にとっては、「中途半端なリフォームで費用が上乗せされるくらいなら、現況のまま売ってほしい」と思われることがあります。

また、購入検討者にとってリフォーム済み物件はどんな工事が行われたかがわかりにくいことが不安に思われる部分ですが、企業の買取再販物件の場合は過去の実績はもちろん、各種保証なども付いていることがあり、安心感という意味では敵いません。

以上2つの理由により、売却前にリフォームしたとしても早く・確実に売れるとは限りませんので、リフォームの手間や費用をかけずに売却活動を進めることをおすすめします。

リフォームなしで早く・確実に売るコツ

それでは、リフォームなしでもより早く売れる物件にするためにはどうすればよいでしょうか。そのコツを3つご紹介いたします。

コツその1:綺麗に掃除をする

購入検討者が物件内覧の際に受ける印象として、「綺麗さ」が大きく関わることは間違いありません。美的な「綺麗さ」はリフォームすることでしか叶わないかもしれませんが、清潔感という意味の「綺麗さ」は掃除によっても実現することができます。

もしご自身で掃除しても綺麗にしきれないしつこい汚れがある場合は、専門の業者にハウスクリーニングを依頼するとよいでしょう。特に住みながら売却活動行う場合は、内覧時の事前準備として可能な限り生活感が出ないように念入りに整理整頓と掃除を行うことが大切です。内覧準備については下記に詳しく記載しておりますので、ご参照ください。

関連記事:「成約の最重要ポイント⁉買い手の心を掴む内覧の事前準備と心構え」

コツその2:日頃から丁寧に住む

築年数が古くても、売主が丁寧に住んでいたかどうかは見る者に伝わります。日頃からお手入れをしつつ大切に住んでいたら、いざ売り出す際に「リフォームなしでもそのまま住める」という判断で購入してもらえる可能性が高まります。また、もし購入検討者がリフォーム前提で物件を探していたとしても、丁寧に手入れをされた住まいであればあるほどに住み継ぐ価値を感じることでしょう。

いますぐに売却活動を始める方にとっては時すでに遅し…ということもありますが、将来的に家を売りたいと考えている方は今からでも気を付けて過ごしてみてください。

コツその3:不動産会社に買い取ってもらう

家を手放したい時期が決まっている場合や、壊れている箇所があるなどの状態で買い手が見付かりにくい物件の場合は、上記で述べた買取再販を行っている不動産会社に買い取ってもらうことが一番の近道です。

一般の売却活動と比べると相場より高値で売れるチャンスは少なくなりますが、より短期間で確実に売却できる良さがあります。また、住みながら売却活動を行う方の中には、知らない個人を何組も家に上げることに対して抵抗を感じる方もいるかと思いますが、不動産会社に買い取ってもらう場合は内覧に来るのは不動産会社のスタッフだけになるため、余計なストレスなく売却活動を進めることができます。

まとめ

中古物件市場においてリフォーム済み物件は企業が強力なライバルとなるため、個人が家を売却する際には無理にリフォームせずに売却活動を行うほうが安心です。

リフォームなしでも念入りに掃除を行うことや日頃から丁寧に住むことで購入検討者に対して良い印象を与えられ、売れやすい物件となります。もしリフォームしないと買い手がつかないほどの状態であれば、自分でリフォームせずに、思い切って不動産会社の買取サービスに依頼してみましょう。

イーコンセプトでは、専任媒介契約を結んでいただいた方には、ハウスクリーニングや不用品処分のご案内を行っております。あわせて不動産買取サービスもございますので、売却活動をスムーズに進めたい方にはぜひおすすめです。

下記リンク先にて売却サービスについて詳しく記載しておりますのでぜひご覧ください。