BLOGブログ

売るほうが先?買うほうが先?失敗しない住み替え成功術

住み替えを検討するとき、「自宅の売却」と「新居の購入」のどちらを先に進めたらよいか迷いませんか?

住み替えでは、スケジュール管理がとても重要です。それぞれの良し悪しを把握して、確実に準備を進めましょう。

売り先行・買い先行それぞれの特徴
売り先行

自宅を売却した後に、新居となる不動産を購入する方法です。

○メリット
・売却額を確実に新居購入費へ充てることができ資金計画が立てやすい。
・売り急ぐ必要がないため、納得いくまで売却活動ができる。

×デメリット
・住みながらの売却となるため、現地見学のスケジュール調整や見学に応じる必要がある。
・売却後に仮住まいが必要になるケースが多い。
・引越しを2回行う必要があり、経費が余分にかかる。

買い先行

新居を購入した後、自宅を売却する方法です。

○メリット
・購入を急ぐ必要がなく、納得いくまで新居探しができる。
・仮住まいが不要。

×デメリット
・自宅の売却が不確定のため、資金計画が立てにくい。
・残債がある場合は二重ローンになるため、住宅ローン返済の負担が大きくなる。

売り・買い同時進行

自宅売却と新居購入の決済・引渡しが同時となる方法です。

○メリット
・売り先行、買い先行双方のメリットをバランスよく取り入れられる。

上記のように、売り先行・買い先行にはメリットデメリットがありますが、同時進行はお互いの良いとこ取りが可能となり、便利な住み替え方法です。

一方で、同時進行は自宅に残債がない場合はスムーズに進めることができますが、残債が残っている場合、住宅ローンの完済や抵当権の抹消などの問題で手続きが進められなくなるケースもあります。

そこでおすすめするのが、住み替えローンの利用です。

住み替えローン

住み替えローンとは、自宅を売却しても住宅ローンが残る場合に、新居の購入資金と残債をまとめて借りられる商品です。

以前は売却後も残る住宅ローンがネックとなっていた住み替えが、住み替えローンの登場によってスムーズに進められるようになりました。

ただし、住み替えローンは通常の住宅ローンよりも不動産の担保価値などの審査の基準が複雑となり、資金計画が難しくなります。そのため、購入物件の選び方を含めた不動産会社との連携がより大切になります。

まとめ

住み替えは前述した通り、残債があるかないかで進め方が大きく変わります。大半の方は住宅ローンを利用しており、残債の問題で住み替えがスムーズに進まないのが現状です。

そこでおすすめしたのが「住み替えローンを利用した、売り・買いの同時進行」ですが、便利な方法である一方で審査や手続きが複雑なため、信頼のおける不動産会社を見つけることが成功の鍵となります。

イーコンセプトでは、豊富な住み替え実績のあるスタッフが在籍しており、様々なニーズに対応可能です。
売却物件と新居のご提案をワンストップで進めさせていただきますので、まずはご相談ください。


住宅を売る