BLOGブログ

リースバック

知らずに利用するのは危険!?今話題のリースバックの注意点とは?

住宅ローンの返済や老後の生活に不安を感じた時、ご自宅の売却を検討される方もいらっしゃると思います。今話題の住んだまま自宅を売却できる「リースバック」ですが、知らずに契約をすると損をしてしまうことも多いのです。

そこで今回は、取り扱いが難しいリースバックがどんな人に最適なサービスなのかを分かりやすく解説していきます。

そもそもリースバックって何?

リースバックとは自宅を不動産会社など(リースバック会社)に売却し、そのあとリースバック会社と賃貸契約を結ぶ仕組みのことです。通常の場合、自宅を売却すると転居先を探して引っ越しをしなくてはなりませんが、リースバックを利用すると自宅に住み続けながら売却ができます。医療費や事業資金、子供の学費などが必要になったが引っ越しや住み替えをしたくないという人にお勧めのサービスです。

よく、自宅を担保に金融機関から融資を受けとる「リバースモーゲージ」と比較されますが、リースバックのほうが年齢や資金の使用用途などの制限が少なく利用しやすいのが特徴です。

リースバックのメリット

1.今の家に住み続けられる
リースバックならではの大きなメリットといえば、売却した後に引っ越しの必要がないという点です。住み慣れた家に住み続けられるのはもちろんのこと、子供の学区やスーパー、かかりつけの病院なども変えずに済むので売却後もストレスなく生活できます。

2.まとまった資金を素早く現金化できる
不動産会社に販売活動を委託して買い手を探す通常の売却活動と違って、リースバックは不動産会社が直接物件を買い取ってくれるため売却がスムーズに行われ比較的早く現金化することが可能です。

3.固定資産税などのランニングコストの削減ができる
自宅を売却し賃貸契約を結ぶことで、物件の所有者ではなくなるので固定資産税や火災保険、建物の維持管理および修繕などのランニングコストの削減につながります。ただし毎月の賃貸料が発生する点には注意しましょう。

4.周りに知られず売却できる
リースバックは、売主と不動産会社が直接取引をするということと住まいが変わらないということから周囲に売却したことがばれないというメリットがあります。身内や近所の人に売却を知られたくないという人にもおすすめです。

リースバックのデメリット

1.売却金額が低くなる
リースバックでは売却金額が安くなる傾向があります。物件の状態や取引をする不動産会社によって多少の変動がありますが多くの場合相場より2~3割ほど安くなってしまいます。

2.家賃が高い
売却後の家賃は、不動産会社によって決まりますが相場より高くなります。これはリースバックの家賃が市場の相場ではなく、買取り価格に対する利率を考慮して算出されるためです。

一般的なリースバックの家賃は
ひと月の家賃=買取価格×7~13%÷12ヶ月
で計算されることが多いようです。

まとめ

リースバックは、現在の環境を変えたくない人や老後の住まいの在り方としてはお勧めすることができます。しかし、買い戻しの予定や住んだままの売却に固執しない場合は損をしてしまう可能性が高くなるので一般の売却または通常の買取りサービスを検討しましょう。

イーコンセプトでは、リースバックのご相談はもちろんの事、お客様の希望やライフプランなどを考慮し一人ひとりに最適な売却プランをご提案しております。「自分ではどれが最適か分からない」「物件を売却したいけど出来るだけ高く売りたい」など物件売却についてお悩み中でしたらぜひ一度私たちにご相談ください。

住宅を売る