NEW MEDIATION
イーコンセプトが考える新しい仲介
イーコンセプトの
取り組み
APPROACH
少子高齢化、空き家問題、スクラップ&ビルドからストックへ。
社会インフラを長持ちさせ、優良なストックを引き継ぐことにより豊かさを享受できる、いわゆるストック型社会へと国は舵を切り歩み出しています。住宅流通の世界においてリノベーションというインパクトが小さな変化を生み出し、その変化は徐々に大きな流れになろうとしています。ただの流行りに終わることなく定着こそが将来の持続可能で豊かな社会を実現する鍵になってまいります。不動産のみならず人の価値観そのものをリノベーションする、そんな新機軸を創造できる魅力的な企業を目指し挑戦し続けます。
インスペクション
INSPECTION
住宅診断(ホームインスペクション)とはその名の通り、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所や時期に応じて費用などをチェックすることです。住宅購入前に住宅診断を行うことで、建物のコンディションを把握し安心して取引が行えます。また、瑕疵保険に加入することができ、税制待遇や住宅ローンでの優遇が受けられるなどのメリットもあり、不動産流通において大変重要なはじめの一歩と言えます。
住宅診断(ホームインスペクション)とはその名の通り、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所や時期に応じて費用などをチェックすることです。住宅購入前に住宅診断を行うことで、建物のコンディションを把握し安心して取引が行えます。また、瑕疵保険に加入することができ、税制待遇や住宅ローンでの優遇が受けられるなどのメリットもあり、不動産流通において大変重要なはじめの一歩と言えます。
バイヤーズエージェント
BUYER'S AGENT
バイヤーズエージェントとは直訳すると【買主側交渉代理人】となります。欧米では不動産購入時にバイヤーズエージェントをたてるのが一般的ですが、日本においては不動産購入をする際、自身がオーナー様側の不動産営業マンと直接交渉をするというのが一般的です。不動産購入は人生最大のイベントでありながら知識の付けづらい商品でもあります。従って不動産購入においては知識に長けているバイヤーズエージェントが必要不可欠となります。
かし保険
DEFECT INSURANCE
中古住宅では、新築のような制度がないため、売り主が個人の場合は瑕疵担保責任を負わない、または数ヶ月に限定する(宅建業者の場合は2年以上)というのが一般的です。このため、取引後の隠れた瑕疵によるトラブルが発生する事もあり、トラブルを回避するためにも既存住宅売買瑕疵保険をお勧めしております。引渡し後に瑕疵が見つかった場合は、補修費用のほかに調査費用、転居・仮住まい費用などについて保険金が支払われます。また、事業者が倒産している場合には、買い主が直接保険法人に対して保険金を請求できます。
中古住宅では、新築のような制度がないため、売り主が個人の場合は瑕疵担保責任を負わない、または数ヶ月に限定する(宅建業者の場合は2年以上)というのが一般的です。このため、取引後の隠れた瑕疵によるトラブルが発生する事もあり、トラブルを回避するためにも既存住宅売買瑕疵保険をお勧めしております。引渡し後に瑕疵が見つかった場合は、補修費用のほかに調査費用、転居・仮住まい費用などについて保険金が支払われます。また、事業者が倒産している場合には、買い主が直接保険法人に対して保険金を請求できます。
SERVICE FLOW
SERVICE FLOW